HEADLINEcopyright©20XX  all rights reserved.

茨木高校授業協力感想文
(2019年)

7月1日〜7月18日 ナルクから講師6名により茨木高校1年生のクラスで授業協力が行われ、生徒のみなさんに講義を聞いた感想を書いていただきました。
今どきの高校生がボランティアや高齢者についてどんなことを思ったのでしょうか?
授業は「高齢社会を生きる」というテーマで、それぞれの講師が自己紹介からボランティアに関わった経緯、これからの人生、若い人たちに希望することなどをお話しました。
提出していただいた感想文の中から抜粋して掲載しましたので、是非最後までお読み下さい。



講師は阿部、石田、伊藤、上田、下川、牧野の各氏です。


いばらき童子のお話は、茨木に住んでいるが初めて聞いた。阿部さんのお話は耳が心地よく、語り掛けるようで楽しく聞かせていただきました。
「自分の好きな絵本を読み返すと、その時読んでくれた人や風景が思い出され、つらい時に読むと気が楽になる」と聞き、絵本をとっておこうと感じた。
自分は絵本を読むと、幼いころに戻ったような気分になれるのが好きです。
人との出会いが大切だと仰いました。でも、出会うには自分で引き寄せる力が必要と伺ったので、ちゃんと引き寄せられるように自分の想いをしっかり持とうと思う。(4組N)

絵本などの生の話とかは大切な経験であると知った。ナルクのボランティアの制度は、テレビで見たことがあったけど、ポイント制で新しい人と出会える、すごくいい機会だということは初めて知った。これからは様々な人との出会いを大切にしていきたいと思った。(4組T)

高齢社会というワードはニュースなどでよく耳にするけど、それが10代の私たちの生活にも影響するということは実感がなかったので、今日でどうにかしないといけない気持ちになれた。傾聴と共感の話で、私は相談されても上手く返すことができず、ただ「うん、うん」言ってるだけで、役に立っていないような気がしていたけど・・・
今日の話を聞いて相談される側としての責任が少し薄れて、よりその人の心を知ろう、寄り添えるようにしようという気持ちになった。(7組S)

       


私たちは勉強以外の何かをすることが、生きるうえで大切なことだということに気づいた。
まず、自分を知ることが、相手を知る第1歩になり、それがボランティアにつながると感じた(7組K)

お話を聞いて、ボランティアや介護をすることの大切さや、基本を知り、相手の気持ちを考えることが大切だと分かった。
「人生はいつからでもスタート」や「チャンス、チャレンジ、チャレンジ」の言葉はこれから生きていく上で大切にしていこうと思った(6組M)

私が学んだことは、高齢者になったからといって、決して人生は終わっていないということです。
牧野さんもおしゃっていたように、人生いつからでもスタートすることができ、夢や目標を持って生きていくことが出来ます。
現在、多くの高齢者の方々が、夢などを持っていると知り、僕も夢は最後まで持ち続けようと思いました。
新たな出会いやたくさんの経験を、どんどんこれからしていこうと思いました。
そして、ボランティア活動にも積極的に参加し、困っている人を助けてあげるのは自分の意志で動き、感謝の気持ちを尽くして活動しようと思います。(6組T)

          


自分のいいところを他人に伝えることが、とても難しかったです。どんなに仲がいい友達よりも自分のほうが自分に詳しいはずなのに、意外と自分のことを知っていないのかなと思いました。(8組U)

高齢者の人が生きている社会が、高齢社会じゃなくて私たちみたいな若い世代と、高齢者の人が生きている社会全部を合わせて、高齢社会で他人事ではないということに気づきました。
今までボランティアはやったことが無かったけど、いろんな経験をすることで生き生きと生きられるし、普段やっていることと全く違うことをするから、普段のストレスを忘れることができるのか、やってみたいと思いました。(8組I)

どんな状況におかれtも、努力をすればやりたいことは出来るのかなと思いました。
人とのつながりや新しいことを、自分が出来ないことへの挑戦が大切だと気付きました。(10組O)

     


伊藤さんは、たくさんのことを経験されて、すごい人生を生きてこられたんだなと、今日の講演をきいて思いました。
つらいことがあってもそこで諦めるのではなく、がんばり続けることが大切なんだと思いました。
助けてほしいときは、自分から声を上げるべきだと、何度もおっしゃっていたので、私はこれからそれを大切にしようと思いました。(1組T)

お話を聞いて、いろいろな言葉が印象に残りました。特に「過去と他人は変えられないが、未来と自分は変えられる」という言葉が心に響きました。ボランティアやマラソンも、続けることが大切だということも本当に、そうだなと思いました。
本当に良い話が聞けて良かったです。(9組A)

          
         
         
     
退職された後、たくさんのボランティアをされている様子を聞いて、とても充実して幸せそうだと思った。
自分たちが楽しく過ごせているのも、地域の方の支えが大きいのだろうと感じた。(9組I)

相手のことを考えて、無償で助けるのは大変なことだけど、やらせてもらうという気持ちで、無理せずやることが大切だと分かりました。
充実感を得られるのは人生において、とても重要だと思いました。(9組Y)

高齢になっても目標を掲げて、ボランティアなどするのはすばらしいなぁと思いました。
また、"社会に恩返し”“自分と未来は変えられる”という言葉が重みを感じさせて、とても心に残りました。(2組Y)

ボランティアは他人のためでなく、自分の充実感のためにやっているということが、すごく心に残りました。
若いころの失敗や困難は、自分の将来のためになると分かったので、怖がらず、今を精一杯生きたいです。(2組K)

        


自分が高齢になってからの生活は、今まで全く想像できなかったけど、下川さん(今日)のお話を聞いてどんな感じになるのか、なんとなく想像出来ました。
ボランティアは無理せず、自分のペースでやることが、長続きするコツだなと思いました。
また、色々な趣味を持たれているのが良いなと思いました。
私も楽しいと思える趣味をもち、自分なりの老後の生活を送っていきたいです。(2組Y)

NALCのことは知らなかったけど、素敵な制度だなと思いました。
時間を貯めておいて、お互いに助け合えるというのがすごいと思うし、ボランティアは自分のためだという考え方が、かっこよかったです。
自分も何十年後かにそういうお年寄りになれたらいいと思います。(2組H)

今、私は忙しくなってきた生活につらいと感じることが時々あるが、下川さん(今日)のお話を聞き、これを乗り越えたらきっと未来の自分の力になる、と感じた。
茨高で困難を乗り越え、あきらめずに続ける力を身に着けたいと思った。(2組A)


              戻る